バレンタインの思い出〜その3〜

  • 2019.02.14 Thursday
  • 17:47

バレンタイン特集〜バレンタインの思い出その3〜


【高1】
何故か私は英語に縁があり、中3の市内の英語暗唱大会で、その人と出会っておりました。

 

高校は、私は県立の女子高。男子生徒は他校生でした。


高1の12月、私からラブレターを書いて、部活(オーケストラ)の先輩経由で先輩の弟から渡してもらい、返事もその逆で受け取り、めでたく「恋人」成立。冬休み前でした。

 

でも、現在のように携帯や電子メールのない時代だったので、連絡は家庭に1台の黒電話(子機とかもない時代ですよ、信じられないかもしれませんが)か、偶然、帰りにバス停で出会った時でしたが、黒電話で話したことは、一度しかありません。《NHKが部活の取材に来て、やまぐち630(ろくさんまる)ニュースに映るから見てね!という連絡を私からした時だけでした。》

 

電話もデートも帰りの約束もなく、「ふむ?こういうのを恋人同志と言うのだろうか?」と私はいつも疑問に思っていました。

 

そもそも、交換日記がしたかったから、ラブレターを書いたのに、そのことも伝えておらず、実感のない毎日を送っていました。

 

バレンタインの時にも、定番のマフラーと(笑)チョコを入れた紙袋を持ち歩いていたような記憶があります。だっていつ会えるかわからなかったから。当日に会えたのかよく覚えていませんが、偶然、バス停で一緒になった時に、途中まで一緒に座って、「あの〜これ」って手渡したことを覚えています。

 

でも、その時、「あ、おりひめさん、もう、今度から、こんなことせんでいいけー。あの、何か、、心が、、重い」って言われたんです\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!しかも、本当に苦しそうにΣ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)

 

わかります〜?純粋な乙女おりひめが、どれだけショックだったかΣ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)しばらく落ち込みました。

 

今、思えば、青春してたなと思います(笑)

 

〜以上、この辺で終わりにしま〜す♡

 

※この時の相手も、ラブレターを渡してくれた先輩の弟君も、Facebookのお友達にいます(笑)

 

◎おりひめサロンご予約可能日(2/14現在)

■対面⇒21,26,28日

■遠隔⇒日曜&水曜以外でしたら調整できます。

 

❤🧡💛💚💙💜🖤

おりひめかおる公式ホームページ

https://love-orihime.com/

 

おりひめかおる出張セッション

🎋ゆめシティ2F占いコーナー🔮(幸占)

日曜&水曜レギュラー

11:00〜19:00《ご予約優先》

https://love-orihime.com/free/yume-city

 

🎋3/18東京🈳、3/19名古屋🈵、7/12〜14福岡🈳

https://smart.reservestock.jp/reserve_form/index/17623

❤🧡💛💚💙💜🖤

バレンタインの思い出〜その2〜

  • 2019.02.14 Thursday
  • 17:45

バレンタイン特集〜バレンタインの思い出その2〜


【中3】
いきなり高校時代に飛ぶつもりでしたが、中学時代も記憶に残っているので。

 

田舎の中学に転校した私は、周りを見てもときめかず、英語の先生に憧れていました。英語が好きだから英語の先生も好きだったのでしょう。

 

中3の市内の英語暗唱大会で入賞し、10月の県大会に連れて行ってもらった時、『ジャックと豆の木』を暗唱した他校(光市)の男子生徒の「Jack」という発音がすごく気に入って(←音の響きとしての英語が好きな私のツボでした)、英語の先生を通じて、その男子生徒と文通が始まりました。

 

そして、2月、お菓子作りの得意なクラスメイトの家にお邪魔し、一緒に手作りチョコレート(わりと大きめ)を作りました。

ところが、帰宅して、箱に詰める時に、テーブルから落としてしまって、そのチョコレートは割れてしまいましたΣ(゚д゚lll)
また作るわけにもいかないし、、そのまま送りました。まさか割れたとわかっているものを贈るなんて正直に伝えることができずに「もしかしたら届くまで割れているかもしれません」と手紙に書いて。

 

そしたら「おりひめさんの怖れていたことが起こりました。チョコレートが割れていました」って返事が来たことを覚えています。

 

 

高1になって、たまたま県の芸術祭の会場が、その男子が住んでいる地域の『光市民ホール』で開催され、そのことを手紙で知らせたら、自転車で、見に来てくれました。


出番の合い間に、外で再会できました。でも、その時、ブルーのTシャツに、ランニングシャツが片方、はみ出していたのです。高1の私には、それがもうショックで興ざめした瞬間でしたΣ(゚д゚lll)(笑)会話も「下関市の人口はどれくらいですか?」って「えーっ?私、社会が大の苦手なのにその質問してくる〜?」みたいな感じで、私にとっては全然面白くも何ともない会話だったので、どんどん気持ちが冷めていったのを覚えています。※許容範囲が狭かったんですよ、女子高生の頃って。

 

英語の暗唱大会の時とは、別人に見えました。あんなにかっこよかったのに、、私は、かっこいいその人が、好きだったんですね〜

 

ちゃんちゃん。

 

⇒その3に続く。

バレンタインの思い出〜その1〜

  • 2019.02.14 Thursday
  • 17:43

今朝、つらつらと、Facebookに綴ったバレンタインの思い出です。

ノンフィクション物語です(笑)

 

今日はバレンタイン💝ですね。


バレンタインの思い出〜その1〜


初めてチョコ🍫を渡すようになったのは小学校高学年だったと思う。


【小6】ちょうど神社⛩をきりもりしていた祖父母が代わる代わる入退院を繰り返すようになったため、長男である父の意向で2月から家族が別居し始めた年なので、よく覚えている。


母と弟2人は、一足先に神社の社務所(現在は社務所は社務所であるが、当時は宮司の生活空間でもあった)に引っ越し、父と私だけ(卒業学年なので書類等の手続きが面倒になるからという理由)アパート(当時は新築2年目から住み始めて8年目の教員住宅)暮らしだった時。


3月の卒業と同時に転校も決まっていたので、私の心境は複雑だった。

 

クラスで、昼休み(=名古屋では昼放課って言いますが)男子全員を教室から追い出し、見張り役の女子なんかもいたりして、その間に、お目当ての男子の教室の後ろのロッカーのランドセルの中に、チョコレートその他を、忍び込ませるのです(笑)※クラスは5.6年持ち上がりの同じクラスメイト。


女子全員が、忍び込ませ終わったら、「いいよ〜」と、男子に伝え、男子たちも一斉に、自分のランドセルを確かめる❗️という流れでした。


「俺、5個あった〜」「俺、2個〜」白いマフラーなんて、目立ち過ぎて、どんなリアクションだったか、記憶から飛んでます(爆)


注:女子は、決して名前を書きません。男子は、誰からのチョコレートなのかわからないのです(笑)

 

実は、その日の朝は、玄関で、チョコレート(と、手編みの白いマフラー🧣)入れてたら、父にバレて😱「学校にこんなもの持って行ったらダメだ❗️」と激怒され相当ショックだった気持ちを引きずって学校に着いているので🏫どこかで罪悪感を持ったままの行動だったのです。

 

〜でも、父は、男子生徒の多い高校に勤めていたけど、女子生徒がいるクラスを持った時は、たっくさんチョコレート🍫もらって帰って来ていたので、兄弟3人で分けるのが楽しみだった。世界地図のチョコレートとかもあって、取り合いだった(笑)〜バレンタインとは、そんな日でした😌

 

まだまだ、それぞれの時代のバレンタインデーがありますが、小6止まりにしておきましょうかね(笑)

 

#次の目立った記憶は高校時代
#もし聞きたいと言う人が一人でもいたら書きます
#昨年のバレンタインから誰にもチョコを渡さなくなった

おりひめの強み(英語編)

  • 2018.06.22 Friday
  • 07:37

おりひめの強み(フランチャイズの英語・英会話教室を名古屋市中川区で開講していた時代)子育て時代、自分の子どもたちもいれて(笑)10年間

あんまり変わったことはできませんでしたが、

 

)莊郤蟒颪のお便り(通信)←実は手書きが一番、味があるんですよ。


⊃景浩濤チラシも手書き。生徒さんたちの似顔絵入りで(絵は下手ですが、似顔絵はけっこう描いていた人)レッスン風景とか載せていたなあ。


自分の教室を英検の準会場登録して、自分の教室で英検が受験できること。


け儻〇愼海發靴泙后


ィ概薜幣紊蓮■下〇邯蛎从、自分が試験官になっておこなっていました。


Ε譽奪好鷂紊蓮△澆鵑覆任りひめが弾くピアノを囲んで、流行りの歌謡曲を歌ったり、将棋が強い子がいて、将棋したり(おりひめ絶対に王手かけられ「負けました」ばっかり言っていたような)、クリスマス会やハロウィン、盛大におこなっていましたね。

 

英検、早い子は、小3,4,5年で5級に合格(中1修了レベル)
中1で3級(中3修了レベル)に合格。
中3で準2級、高2で2級に合格していました。

 

◎準2級取得していれば、高卒認定も英語はパスできます。

 

そういう資格社会に生きていました。

 

今は、無縁です(笑)

 

まあ、でもドリーンのカード、その頃の英語の先生仲間は、英語版そのまま持ってたりとか。英語を英語のまま理解する感覚ってあるじゃないですか〜

 

何でも、「今ここ」につながっているってことですよ。みなさんも!

 

さて、今日は、午後から札幌在住の方、遠隔フルセッションです(^^)/

過去のほんの一部

  • 2018.01.30 Tuesday
  • 17:49

今朝「過去のこの日」でこんなの見つけたので、ちまちま打ち込んでいたら、(スクショは11:26)

 

 

とても語り尽くせないので、「続きはブログに」とのたまったけど、誰が続きを読みたいと思うだろうか?

 

まあ、物語を読むような気持で、読んでもらえればと思います。

 

 

一生結婚するつもりなかったんですけど、名古屋に出てきて2ヶ月後に、現在の夫と知り合い、プロポーズされ、(その時は、仕事が楽しくて仕方なかったので)「仕事を続けさせてくれるなら、結婚してあげてもいいよ」←なんて上から目線(@_@)

と言っていたものでした。

 

おりひめ、今日までの長い人生の間、、その時、その時で、「大好きなこと、やりたいこと」を仕事にしてきたんですが、

 

実際、大好きな音楽を仕事にすると、人生で初めて音楽が大嫌いになったんです。それを味わったのです!!Σ(゚д゚lll)

(弾きたくない時にも楽器を弾き、朝5時集合、6時集合、仕込み3時間。箸より重いもの持ったことのなかった自分が、スピーカーや舞台セットその他を抱えて、機材や道具の積み降ろし。名古屋市内の小学校の体育館は2Fの学校が多かったんです。本番終えて、バラシ終わって、昼食タイムは午後2時頃。終わったらスタジオで稽古。初演前は、スタジオ泊まり込み。すぐ朝が来るΣ(゚д゚lll)

毎日が引っ越し業者のような力仕事と本番の体力。過酷な労働が、きつかった〜!!手取りは80002円でした。そこから家賃と水道費込で24680円を引くと、生活費は約5万円。休みがとにかくなくって、次の休みがいつになるかもめどがたたない日々でした。若かったからやれていたこともありますが、今なら二度とやらない(笑)

 

ちょうどその時、夫が普通の人に見えて(=音楽やってない人、という意味です)、仕事を辞めて結婚し、専業主婦に。結婚前の最後の旅公演は、福岡の「ももちパレス」でした。

生まれて初めて「音楽なくても幸せってあるんだ(*´▽`*)」と思いました。

 

完全に音楽から離れた新婚生活。息子が生まれ、つかまり立ちの時期に、ふつふつと。

 

「やっぱり私、音楽が好き!オケがやりたい!!」と思い立ち、夫とも相談し、演奏会の半年前から土日活動するオケに入りました。そこが、最初のムジークだったわけです♪(Facebookのスクリーンショット参照)

 

 

過去は、たっくさんあるんです。

 

こんな話を聞いていても、みなさん、面白くないでしょう?!

 

 

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

昨年1/28の癒しの地で撮った「蝋梅」です。梅の香がするんですよ(*´▽`*)

 

今年は、まだゆっくり、眺めに行っておりません。

 

 

 

 

今日は、おりひめの講座を受けている方より、こんなの見ました!とめずらしい光の画像が送られてきました。

光のスペクトル。そこから受け取るものの話から大天使の話になり、盛り上がっておりました(*´▽`*)

 

過去は、どうであれ、今が一番幸せです!!

 

 

 

時折、子どもたちが小さかった頃が、とっても懐かしくなる時があります。

もう、どうやって育てたか、忘れちゃいました\(◎o◎)/!←マジ!!です(笑)

 

 

 

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

 

おりひめサロンにいらしてくださいね!!

↓  ↓  ↓

2月のおりひめサロンの講座やセッションのご案内・ご予約はこちらからどうぞ。

※チャクラ講座、カード講座、1月末までに申込&一括払いの方は、割引させていただきます。(チャクラ講座28万円⇒25万円、カード講座18万円⇒15万円)

 

 

 

★「今!」という方のために。LINE通話セッション(遠隔)は、1チャクラ3,000円です。

 

 

★アバンダンティア伝授(豊かさのエネルギー)ズバリ!!豊かになりたい方におススメです!!

おりひめかおるのカードリーディングでもおなじみの、ローマの豊穣の女神であるアバンダンティアに繋がることができるようになります。アバンダンティアが象徴するものは、真実の豊かさです。真実の豊かさをあなたの魂で受け取ることにより、この地球上であなたは最善の道を選ぶ選択ができるようになるでしょう。

 

料金20分1万円(遠隔or対面・テキスト込)

再伝授 5000円

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM