パラレルワールド・ラブストーリーの感想

  • 2019.06.01 Saturday
  • 18:44

私、朝は目覚ましをかけないのですが、起きてスマホを押したらこの時刻。

 

スクショをさらに編集(笑)

 

 

 

思い立って、昨日公開の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』を観に行きました。

 

 

行く途中で見つけた、珍しい花(*^-^*)

 

ツツジような、ユリのような(*´▽`*)♡

 

 

333を初めとし、111,222を見、ラストの下関駅周辺で、タクシーの444を見ました(^_-)-☆

 

 

444・・・見守り隊がいっぱいだわ〜

 

 

なーんて、思いながら、、

 

チケットを購入〜

 

カードも作っていてポイントもたまっていましたが、有効期限がとっくに切れていましたΣ(゚д゚lll)

 

カードのポイントは今月末までで、使用できるのは8月末までらしいです。

 

アプリに切り替えるといいようです。

 

私は、アプリの操作中に、もう開演時刻になってしまったので、まだ登録しておりません。

 

1日、15日は、サービスDAYで写真のように1,100円で映画が観れるようです。

 

(水曜日もレディースDAYですが、おりひめはゆめシティに出張のため、行きません)

 

 

 

さて、気になる映画ですが、、

 

 

ネタバレにならないように書きます。

 

まず、私、映画は、全くの先入観ゼロにして行くのが好きです。

 

どうしても、映画を観る前に、イメージが定着するのが嫌だから。

 

純粋に、その映画を楽しみたいからです。

 

※ここ、人生にも似ているかも〜?

 

 

この映画も、予告編すら見ずに、行きました。

 

もちろん、俳優が誰かも知りません。

 

ストーリーも知りません。

 

ただただ「パラレルワールド」に惹かれて(*´▽`*)

 

それだけです。

 

 

主人公の苗字が「敦賀」にふきました(*‘∀‘)

(敦賀を「アツガ」と読んでいた人、笑)

 

 

ラストのエンドロールに、おりひめの本名と同じ漢字の名前の方がいらっしゃいました。

(当然、「かおる」ではありませ〜ん、笑)

 

 

映画はラストが一番よくって、受け取るものは、「時をかける少女」「天使がくれた時間」「きみの名は。」と、少し似ています。

質が、という意味です。

 

 

 

私、先ほども書きましたが、「わかってると面白くない」

 

これが、全ての、、人生の仕組みなんだと思うのです(^_-)-☆

 

 

 

実は、私たちも、生まれてくる前、

 

過去世でも、たくさんの「経験」をしてきたと思うのです。

 

 

 

でも、それ全部、覚えていたら、面白くないじゃないですかー。

 

自我は、「忘れること」は、寂しいことだと思うかもしれないけれど。

 

 

いつもいつも、「新しい自分」でいいんじゃないかなあ〜

 

忘れて、いいんじゃないかなあ〜

 

いちいち、覚えていなくっても、いいんじゃないかなあ〜

 

 

 

初めましての人でも、何だかとっても懐かしいような感覚がする人もいて、

 

それが、互いにかもしれないし、どちらか一方だけかもしれないし。

 

 

でも、「今ここ」だけを、生きる。

 

ここ3次元を生きるって、そういうことなんじゃないかなと、、思ったわけです。

 

そんなことを思いながら、帰り道を歩いていたら、赤い軽自動車の777がやってきました(^^)/

 

 

 

雲は、”ぼうや〜よい子だ、寝んねしな♪”の、「まんが日本昔話」風の龍雲でした\(^o^)/

 

 

 

 

過去世のことは、当然、忘れているけれども、

 

でも、映画のラストで流れる、宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」←すごい名前\(◎o◎)/!

 

これがまた、、響きました♪この音が。

 

ここで言う「音」っていうのは、その人自身から醸し出されるものです。

 

(※おりひめの過去世の映画の主題歌を歌っていたのも、宇多田ヒカルさんでした。

その歌は「Be my love」でしたが(^^ゞ)

 

 

 

〜今、どんどん、私たちは、頭の意識ではなく、ハートで感知する生き方に変わっていっています。

チャクラを開放すると、どんどんそっち(真実)の感覚が広がっていきます。

覆うものが無くなり、スッとわかる。迷わない。本当にしたいことや向かいたいことが何なのかがわかってきます。

 

 

重たい周波数を、のけていくと、らせん状に上がり始め、最初は「お試し」に気づきます。

でも、その次は、もう気づきません。その周波数は使わなくなるから。

 

のけた分、上がります。シフトします。

 

 

今日は、ものすごく小さかった頃の、記憶を鮮明に、ハートの感覚で、思い出すことができました。

この映画を観て、帰宅後です。

 

何故、私は、四つ葉のクローバーを見つけるのが好きなのか、鬼ごっこよりもかくれんぼが好きな子どもだったのか。

写真を撮ることにも、縁があるのか。

 

 

 

私たちは、最初は、何も知らない状態で生まれてきて、

乳幼児の頃は、覚えていて、

そこから、だんだんだんだんと、深く眠っていきました。

重たい重しをたくさんつけて。

 

今は、その逆をやっていく時期です。

2019年も、もうすぐ夏至。

 

どんどん重たい重しをのけて、

だんだんと目醒めていく。

 

私は、自分は、ずっと女子高生くらいで、精神年齢が止まっていると思っていましたが、

今は、違います。

この「ハートの感覚」というのが、どんどん、退行しているのです。

 

還っていっているのです。

今日の「パラレルワールド・ラブストーリー」を観るまでは、小学校低学年くらいにまで戻れていました。

 

でも、帰宅後の感覚は、乳幼児です。マジ!(笑)

 

 

こうやって、どんどん、

 

本来の、自分の意識に、、

 

肉体を持ったまま、戻っていけるのでしょうねぇ〜〜〜

 

 

 

さあ、明日のゆめシティは、このおりひめの「音」でセッションします。

 

明日が最終おりひめブース1周年記念祭りです。

明日のご予約状況

11:00~11:20 × ご予約済

 

 

◇13の月の暦の手帳

入荷しております。

明日のゆめシティで受け取られる方は、今日中にご連絡ください。

※荷物は最小限にしたいので、余分に持参しません。

 

 

◇6,7月の出張セッション

 

 

 

 

◇おりひめサロン6月セッション&講座も受付中

 

 

すべてのお問い合わせ&ご予約は、ホームページの該当項目からお願いいたします。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM