亡き祖父母〜蛙との思い出〜

  • 2017.10.05 Thursday
  • 20:45

戦時中、戦艦大和に乗って帰国した(回航)亡き祖父。

 

まずは、こちらの記事をどうぞ。

 

 

これから、今日の記事を書いていきますが、、

 

 

母方の祖父母のことを忘れていた孫の私が、この日、、こんな体験をしたんです。

 

去る7月29日(土)

毎週土曜日のおりひめセッション動画配信中のこの日、

 

亡き祖父が宮司を務めていた神社の境内にて、

(※注:宮司だった祖父は、父方です(^^)/)

 

 

おりひめの右手の腕が、突然、ヒヤリ!としたので、

 

 

「きゃっ!!(冷た〜い!!何?何?)」

 

 

と、振り払うと同時に、、目をやると、、

 

 

蛙が!!\(◎o◎)/!

 

 

 

アマガエルが2匹、いたんですね。最初はおんぶしていました。

 

 

 

「あっ!! おじいちゃんとおばあちゃんね!!」(←何故か、わかる。0.3秒くらい?!)

 

 

 

その時、フッと脳裏をよぎったのが、

 

 

こちら。【表紙】

 

 

祖父は、平成14年5月14日に亡くなくなったのですが、、

 

その1周忌の法事の時に、残された祖母が書いた小冊子です。

 

 

【裏表紙】

 

 

この小冊子、おりひめサロンオープンに向けて、せっせと断捨離中の今日(笑)

 

 

見つかったんです(*´▽`*)

 

 

最初のページがこちら!


 

祖父が亡くなってから、

 

毎日、アマガエルが、

 

祖母の前に、現れるようになったそうです。

 

 

何故かそれが、亡き祖父のような気がしていたそうです。

 

 

 

(*´▽`*)

 

 

 

寝苦しい夜も、、

 

こんなふう。

 

「アッ冷たい、右手の腕にピョンピョンと蛙が跳んでいるではないか」

  ↑  ↑  ↑

今、読み返してみて、発見!!

 

 

この現れ方!!Σ(゚д゚lll)

 

 

7/29、神社の境内で、、おりひめの右手の腕にピョンピョンと跳ねていた蛙たち。

 

「きゃっ、冷たい!」と、、感じた、、あの時と、、

 

 

同じだ(´・ω・`)と。

 

 

 

この時と同じ現れ方をしてくれたんですね(*´▽`*)

 

 

しかも、2匹揃って、、

 

(呉とくれを掛けたみたいに)

 

 

 

そして、ありました!!ありました!!

 

「三人兄弟の内 兄さんと弟は戦死、自分だけ残って、すまない、すまないと言っていたね」

 

 

 

そして、、

 

 

最後のページは、こちらで締めくくられています。

 

 

「私も大分(だいぶ) 足も弱くなって何時(いつ)どうなるか分かりませんが

 

お父ちゃんのおそばに行くと思うと嬉しくなります。

 

お父ちゃん、お浄土の一番良い席を取って待っていて下さい

 

お願いします。」

 

 

そして、祖母は、

 

 

8年後の平成22年の、、12月15日(母の誕生日なんです(^_-)-☆)

 

祖父のもとへと旅立ちました。

 

大往生でした。

 

 

母方の、亡き祖父母。

 

この夏、、おりひめのもとに、蛙となって現れた二人。

 

 

おりひめかおるのセッション動画撮影の合い間に、

 

現れてくれたなんて。

 

 

応援してくれていると、思わずにはいられません。

 

世界がおりひめの生き方。

 

本心に正直な生き方にシフト。

 

 

 

話は、変わりますが、、

 

今朝、おりひめサロン(※まだまだ準備中〜"(-""-)")に向かう道の途中で、

 

888を1台。

 

そして、8888のバスを1台。

 

最後の交差点で、8888のバスを立て続けに3台、見ました(*´▽`*)

 

 

もはや、、

 

ミラクルを通り越して、、

 

 

宇宙が応援してくれている感はんぱないんですけど〜(@^^)/~~~

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM