私たちも実は一人ひとりがオーケストラの一員

  • 2020.07.04 Saturday
  • 13:43

 

これは1984年(昭和59年)高3の時の文化祭です。当時私は、部員80名の管弦楽部(オーケストラ)の編曲と指揮を務めていました🎻

 

この写真は、卒業アルバムより。『ボイジャー』という宇宙を感じさせる曲の指揮をしている時のものです。当時、ヤマハのJOCで角田季子(つのだときこ)さんという方が作曲された曲。ニューサウンズインブラスシリーズで吹奏楽用に編曲されたものを、おりひめがオーケストラ用に編曲し、文化祭で演奏しました。←説明長い

 

本題は、ここから。
私ね〜いつも、人間社会を思う時、このオーケストラが浮かぶんです。オーケストラって、いろんな楽器があり、それぞれ音の出し方も、音色も音域も異なります。華やかな目立つ主旋律を奏でる楽器もあれば、副旋律だったり、リズム打ちだったり。そこだけピック

アップすると、ふむ🤔と首をかしげたくなるようなメロディもあるんですね。

 

でも、それらが全部合わさって、それはそれは素晴らしい1つの音楽が、できあがるわけなんです🎻🎺

 

(聞き手の耳に残るのは、美しいメロディラインです💕)

 

おかしな旋律だからと言って、その楽器を外してしまうと、厚みのない、薄っぺらい音楽になってしまうんです。

 

人間も一緒じゃないかと思うんです。

 

みんなが同じ楽器で、同じ旋律しか奏でないオーケストラって、なんてつまらないものでしょうか?

 

自分の楽器で、自分の譜面🎼を奏でるように、私たちには、一人ひとり役割があります。他人の音を出そうとすると、全体の調和がとれなくなってしまうんです。

 

それぞれが、自分自身の音を出すからこそ、混じり合って、素晴らしいハーモニーとなるのです。

 

だからおりひめのオンラインサロン名も、こんな風おりひめかおるとハーモニー〜おりひめかおるオンラインサロン〜(←オチ😉)

 

2020.7.4(土)13:43 おりひめサロンにて

おりひめかおる♡

https://love-orihime.com/

 

 

ちなみにボイジャーはこちら♪

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM