今日は七夕

  • 2020.07.07 Tuesday
  • 06:43

【🎋七夕】

やっぱり雨。織姫と彦星、今年も会えないね〜かわいそう〜

子どもの頃から空を眺め、雨の日が多かった七夕の夜🎋

 

私おりひめにとって『七夕🎋』といえば、父の誕生日。

子ども心に晴れるといいなあ〜と天気を願ったものです。

 

(最近では、雨でもカササギが橋を作ってくれるようですが🤔)

 

さて、以下、衛藤信之さんのブログより。

 

『一瞬の中の永遠。』

 

 今日は七夕です。 

 

 年に一回逢えるなんて、どれだけ待ち遠しかったでしょう。

 

 僕が大好きだった伯母に「なぜ結婚しなかったの?」と、学生の時にたずねたことがあった。(若さとはいえスゴい質問です)

 

 僕の質問には明確に答えず、伯母は女学生の頃の話をしてくれた…

 

 彼女が学生だった頃、お兄さんとその親友の会話が好きだったと、宇宙の話、旅の話、動物の中で人類とはどんな存在なのか?そんな話を静かに、二人のかたわらで聴いているのが楽しかったと…

 

 「のぶゆき、男の人の会話って、女性にない話題が多かったの。友達がどうしたとか、あの人はどう思ってくれているのだろう…という、女学生との会話と違って、世界が広がってゆくのが好きでね。だから、その人が遊びに来るのが楽しみで。お前も、そんな話が好きだから、のぶゆきの話を聞いていると、男の子だねと思うのよ」と…

 

 「その人のこと好きだったの?」

 

 「さぁ、どうだったんだろう。でも、その人は若くして雪山で死んじゃったの。だから、好きだったのかも分からないまま」

 

 「そう、でもその人のことを思い出すのは、伯母さん好きだったんじゃないのかなぁ…」

 

 「死は、若い時のままで思い出に残るから、美しくもあるし、残酷でもあるわよね。だから、その男性のイメージは、雪の白さみたいでね。沈黙の白い雪。雪が静かに降るみたいな、静けさだけが残ったの」

 

 すべての沈黙のベールでおおうように、伯母は話を締めくくった。

 

 僕は、話を聞きながら、女学生だった伯母に出会っていた。

 

 今の時代の、さわがしい恋人同士のやり取りよりも、その秘めたる思いが、今もこの伯母の中に、静かに白く燃えているのだと、僕はその時思った。

 

 この会話も、はるか昔になったけど、今でも「若い人の死は、白い沈黙のよう…」だけが、なぜだか僕の印象に残った。

 

 そう、真っ白なまま、途中で書かれなくなったノートみたいに。

 

 だからこそ、その人が生きていれば、どんな歴史が「そのノートに書かれたのか」と、生きている者だけが取り残される…

 

 老人ホームに慰問に行った時、自分の夫のことを忘れていても、戦地に旅立って行った、初恋の人のことを今でも、昨日のように話してくれる老いた女性に出会った。

 

 神社の先にある鎮守の杜に呼び出されて、白い軍服の彼と最後の別れ。

 

 「明日、戦場に旅立ちます。なにとぞ、お元気で…最後に、お願いしてもいいですか?」

 

 「はい⁈」

 

 「あの…あなたの手を握らせて下さい」そう言って戦地に向かう若者は、白い手袋をはずした。

 

 そして、愛する人の手にそっと触れた。この感触、この瞬間を、自分の手の細胞一つ一つに凝縮し、記憶するように…

 

 その青年は「一瞬の永遠」から、我に返ったように、愛する人に敬礼し、「この手の思い出だけで、僕は心残りなく戦地に出向けます。なにとぞ、あなたは、お幸せに!」とだけ言い残して、青年士官は走り去った。

 

 最初で最後のデート。

 

 そんな思い出を、昨日のことのように語る年老いた、過去の娘がいる。

 

 思う時に逢えない恋の辛さと、毎日のように会っても、感動を薄めてゆく恋人たちの孤独もある…

 

 生きることでも、恋愛でも、その一瞬一瞬の「今、ここ」を、どう味わって生きるかなのだと思う。

 

 別れがあるから、出逢えた時の感動も、ひときわなのかもしれません。

 

年に一度の、逢瀬に乾杯!

二人とも、その瞬間を味わって!

 

 

※今夜7時締切&発表「2020七夕企画〜宇宙から届くあなたを守ってくれている聖なる存在からのメッセージ〜」(参加条件が2つあります)

http://orihimekaoru.jugem.jp/?eid=2451

 

 

🎋おりひめかおるホームページ

https://love-orihime.com/

 

🎋おりひめかおる毎日更新ブログ

http://orihimekaoru.jugem.jp/

 

🎋おりひめかおるYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCZYRlpF7kwcE1cg6tpdHZfw?view_as=subscriber

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM